ダートでダートなダートをダート

芝よりダート派。 

ちょっとダートを考える【東京D1300m編】

中山から東京へ

 

コース形態が

中山とは全く違うため

求められる能力も変わってきます

 

中山はパワー

東京はスピード

 

そんな

東京ダートの

今回は1300mを

ちょっと考えます

 

①内枠やや有利も

内枠有利です。少し。

 

ただ

そこまで外枠を嫌う必要なし。

 

②枠よりも

枠よりも何よりも

直線が長い競馬場ですから

ここは差し馬の出番です

 

差し馬の馬場なのか

先行の馬場なのか

が重要です

 

出来れば

逃げ先行はそれなりに人気しますから

差しの馬場になった時に

人気薄の差し馬を狙いたいですね

 

③短縮か延長か

どっちもです

微妙な距離が故に

1200・1400で不利や好走できるパターンで無かった馬の巻き返しがあります

 

私の場合

同じような馬が居たら

(近走走ってなくても遡って)

東京ダートで好走したことがある馬を

狙います

 

特殊なコースです。東京

 

④芝(スプリント路線)でも走れる血統も

 

ダート短距離と言えば

○フォーティーナイナー

サウスヴィグラス

スウェプトオーヴァーボード

プリサイスエンド

 

スウェプトオーヴァーボード

芝短距離でもはしりますね

 

タイキシャトル

メイショウボーラー

差し馬でいいのが居なかったら

先行タイプのこの2頭の産駒を狙うのもあり

 

キンシャサノキセキ

・母父サンデー系(フジキセキとか)

 

○母父サクラバクシンオー

 

この辺りでしょうか

 

⑤まとめ

特殊な距離とコースなので

どういう馬場なのか

どういう傾向がでてるのか

チェックする

 

血統は

芝短距離でも走れる血統も面白い

 

「結局早い馬が勝つ」

 

---------------------------------------------------------------

 

最後は投げやりになりましたが

実際のところ

種牡馬

他の1200と同じような種牡馬が強いですし

 

単純にスピードがあればそこそこ通用するコースです

 

やっぱり難しいですね

東京ダート

 

それでは

次回もよろしくお願いいたします

お付き合い頂きありがとうございました!!!