ダートでダートなダートをダート

芝よりダート派。 

ちょっとダートを考える【中山D1200M編】

来週から始まる

中山開催のために

個人的に予習しておきたいので

(役に立つかわかりませんが)

 

では早速

 

 

------------------------------------------------------

 

 

------------------------------------------------------

コースの特徴と枠の有利不利

 

 

重めの馬場で

コース全体の高低差は4.4Mだったか4.5Mだったはず

 

ゴール前に急坂があり

1800Mからはこの急坂を二度上ることになる

 

1200Mに関しては

芝スタート後に下り坂で

自ずとスピードが出やすく

体力の消耗が激しい

ゴール前に今度は上り坂と

とにかくタフなコース

 

 

芝スタートで

内枠の方が早くダートコースに到達するため

内枠は被されやすく

その分スタート直後に余計に追ったり

ダートを長く走る分スタミナは消耗される(長く走ると言ってもも少しですが)

 

逆に外枠は芝で勢いをつけられる馬

尚且つ先行脚質であればかなりのアドバンテージ

差しも好位置につけやすい

 

f:id:nunununonu:20181126184224j:plain

 

 

 

先行有利ではあるものの

 

 

脚質のイメージとしては

どこのダートでもそうですが先行は有利

軸ならこちら

 

ただ馬場状態で頻繁に変わる印象で

特に冬場の馬場は空気が乾燥して乾きます

(お肌と一緒)

 

そしてタフレベルがアップします

 

タフレベルがアップしたことによって

先行はかなりバテます

パッサパサで時計も掛かってスタミナ切れ

そんな時は

後ろで体力ためた差しに期待しましょう

(馬券内全部差しはなかなか無いですが)

 

といいつつも

直線が短いこともあり

外枠の先行は有利です

あくまでそういう差しの傾向が出たときに

積極的に行く感じでしょうか

 

 

※冬の話であって、同じ感じで春に買い続けたら痛い目に会いました

 

※未勝利などでは、差しのつもりで買った人気馬の

力(スピード)が上すぎてみんなついて来れず

逃げ馬になってしまうハラハラレースもあります

 

 

 

血統は

 

 

ダート短距離らしくアメリカンな血統がGOOD

 

芝血統でありながらタフさもあるダイワメジャーなども

 

まずはアメリカン×アメリカンな血統(大型馬であれば尚良い)が

成績の良いザ・ダート短距離というコース

 

サウスヴィグラス

パイロ

エパイアメーカー

スウェプトオーヴァーボードなどなど

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

文字数の割には

内容薄目でしたがご覧いただきありがとうございました!

 

では~