2019年新種牡馬を考える【マジェスティックウォリアー】

サクッといきます

 

________________

 

 

マジェスティックウォリアー

2005年生(USA)

鹿毛

イーストS

 

________________

 

アメリカで走り7戦2勝

デビュー戦

2戦目のホープフルS

連勝するも

その後パッとせず

3歳で引退

 

父はAPインディ

母のドリームシュープリームも

アメリカで9勝

祖母スピニングラウンドも

アメリカで8勝

 

日本では

南部杯連覇の外国産馬

ベストウォーリア

が有名

 

ボールドルーラー

4・5×5のクロスが凄いです

セクレタリアト

3×4もありますね

どこまで影響してるか

わかりませんがバックパサーの4×4

 

_______________

 

自身がそうだったように

アメリカ血統の特有の仕上がりの早さ

産駒に出るかどうか

 

新馬戦に強いAPインディ系のパイロ

のイメージですね

 

血統配合次第では

(母系日本芝のスピードタイプなど)

芝、特に短距離でも活躍しそう

ダンカークのイメージ

 

ダートではもう少し距離の幅はあるでしょう

 

 

ただ本質的にはダートなので

母系

ミスプロ

アメリカンなノーザンダンサー

ロベルトなどがメイン

 

芝でもと書いたものの

芝(負け)→ダなど出走してきたら

要チェック

 

________________

 

ご覧頂きありがとうございました!