2019年新種牡馬を考える【エピファネイア編】

サクッといきます!

 

_________________

 

エピファネイア

2010年生

鹿毛

 

シンボリクリスエス

母は名牝シーザリオ

弟にリオンディーズ・サートゥルナーリア

 

2歳時は3連勝で重賞制覇と充実した

1年を送る

 

3歳時は

弥生賞皐月賞・ダービーと勝ちきれないレース続いたものの

菊花賞でクラシックタイトルを得る

 

度々気性の難しいところをみせていた

(前向き)

 

_________________

 

血統的面では

産駒の代になるとサンデーが4代目

なるのでノーザンファーム所有の

有力牝馬や各牧場の

サンデーをもつ繁殖牝馬

合わせやすくなっているのも特徴

 

リオンディーズ

が父キンカメ

サートゥルナーリア

の父ロードカナロアが父キンカメで

成功しているため

 

エピファネイア×キンカメの

配合の産駒にも注目したい

 

本質的には2000M~

ただロベルトの血が入ってるため

持続力が必要な短距離や

ダートなど

守備範囲は広そう

そこは牝系で判断したいですね

 

芝の王道距離なら

瞬発力に富んだ牝系で

スピードを増幅させるのが良さそう

(血統の字面だけでなく繁殖牝馬自身がそういうタイプであれば尚良いですね)

 

______________

 

 

個人的には

最初は

ルーラーシップと同じような

狙い方をしてみたいと思ってますが

どうでしょうか

 

ご覧頂きありがとうございました!